GCmailサービスの利用規約    2010年3月8日 制定 グリーンコープ連合

■第1条 この規約について

(1)この規約は、生活協同組合連合会グリーンコープ連合とグリーンコープ共同体会員生協(以下、グリーンコープという)と GCmailサービス利用登録者(以下、利用登録者という)の間のインターネットを利用した各種サービスの利用についての約束を定めるものです。
(2)利用登録者は、GCmailサービス(以下、本サービスという)を利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。
(3)グリーンコープは利用登録者の承諾を得ることなく、この規約を変更できるものとし、本サービスのWebサイト上での掲示又はその他の方法により告知した時点より、その効力が生じるものとします。
(4)利用登録者が本規約の変更効力が生じた後に本サービスを利用された場合には、変更後の規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。


■第2条 GCmailサービスの内容

(1)GCmailービスとはグリーンコープが、グリーンコープの組合員である利用登録者に提供する、インターネットメールを利用した情報提供等のサービスをいいます。
(2)本サービスを利用するためには、グリーンコープ共同体会員生協への加入のうえ、別の利用申込み(GCmail利用申込み)を行うことが必要です。GCmail利用申込みをするためには、この規約を承諾し、グリーンコープよりお知らせする所定の手続きにより入会申込みを行い、第3条の資格・条件を満たし、グリーンコープが入会を承諾することが必要です。
(3)本サービスの内容はグリーンコープが本Webサイト上のお知らせやグリーンコープ向けの広報媒体で随時お知らせするものとします。グリーンコープは利用登録者に事前に通知することなく、本サービスの内容を変更することがあります。
(4)前項により、利用登録者および第三者に不利益、損害が生じたとしても、グリーンコープはその一切の責任を負わないものとします。


■第3条 利用登録者となるための資格・条件

(1)本サービスの利用登録者になるためには、グリーンコープの組合員であることが必要です。
(2)本サービスを利用するためには、インターネットを利用可能なコンピューターその他の機器および通信手段を普段利用できる状態にあり、メールアドレスを所有していて電子メールでの連絡が可能なことが必要です。
(3)所定の手続きに従って本サービスの利用申込み申請を行い、グリーンコープの承認を受けることが必要です。
(4)グリーンコープは、前項の利用申込み申請内容が虚偽であったり、過去に本規約違反等により利用資格を取り消し処分を受けていたり、会員生協への利用申込み内容に虚偽や誤りがあると判断した場合他、利用申込み申請をすることが不適当と判断した場合には、当該の利用申込み申請を承認しない場合があります。


■第4条 資格・利用の停止、取り消し

(1)利用登録者が第3条の資格・条件に適合しなくなった場合、第8条に定める禁止事項のいずれかに違反した場合、グリーンコープは利用登録者に連絡することなく一定期間利用資格を停止し、または資格を取り消しすることができるものとします。
(2)1年以上、本サービスの利用がなく、電話・電子メール等の手段で利用登録者に連絡が取れなくなった場合は利用資格を取り消しすることができるものとします。
(3)第4条1項および2項により、利用登録者および第三者に不利益、損害が生じたとしても、グリーンコープはその一切の責任を負わないものとします。


■第5条 利用登録者の責任

(1)利用登録者は認証用ID(以下IDと呼ぶ)、パスワードの管理責任を持ちます。利用登録者によるID、及びパスワードの不十分な管理、利用登録者による間違った使用、第三者による使用等による損害の責任は利用登録者が負うものとし、グリーンコープは一切の責任を負わないものとします。
(2)メールアドレスの管理や変更の届けは利用登録者の責任で行うものとします。上記の管理責任を怠ったために利用登録者に生じる不利益については、グリーンコープはその一切の責任を負わないものとします。
(3)利用登録者はIDおよびパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合は、直ちにその旨をグリーンコープに通知するとともに、グリーンコープからの指示がある場合は、その指示に従うものとします。
(4)利用登録者はIDおよびパスワードを失念した場合は、グリーンコープが別途指定する手続きに従ってグリーンコープに通知し、その指示に従うものとします。
(5)利用登録者は自らの費用と責任で、本サービスを受けるために必要な通信機器、通信手段、コンピューターその他の機器、ソフトウェア等を準備、維持するものとします。
(6)利用登録者は自らの費用と責任で、本サービスを受けるために必要とする、インターネット利用、コンピューターその他の機器の運用、およびソフトウェア等の活用の知識、技術を習得、維持するものとします。
(7)利用登録者は、本サービスの利用に必要なインターネットの各種システム、ソフトウエア、各種設定などについて、別途掲示する「GCmail利用上の注意」で示される条件を自らの費用と責任で準備するものとします。「GCmail利用上の注意」で示された条件以外で利用したことにより、画面が正しく表示されないなどの問題が生じたとしても、グリーンコープは一切の責任を負わないものとします。


■第6条 サービスの休止・中断・停止

(1)グリーンコープは、風水害、雷害、地震、火事などの災害及び事故などによる公衆電話回線などの障害が発生した場合、システム上の障害・トラブルが発生した場合、グリーンコープが運用上あるいは技術上、本サービスの中断もしくは停止が必要であると判断した場合、また不測の事態により本サービスの提供が困難と判断した場合、利用登録者に事前に通知することなく本サービスを中断・停止することがあります。
(2)グリーンコープは、経済的効率の維持など事業運営の都合により、本サービスを休止することがあります。
(3)第6条1項2項により、利用登録者および第三者に不利益、損害が生じたとしても、グリーンコープはその一切の責任を負わないものとします。


■第7条 利用中止

(1)利用登録者が本サービスの利用中止を希望する場合は、グリーンコープの所定の手続きにより届け出るものとします。本サービスを利用中止した場合には、利用登録者は本サービス上で有する特典等の権利を失うものとします。
(2)利用登録者が会員生協を脱退した場合には、利用登録者より本サービスの利用中止の届け出がなされたものとみなします。


■第8条 禁止事項

(1)利用登録者は、グリーンコープの承認なく、本サービス、本Webサイトおよび関連するWebサイト(ここでいう関連するWebとは、GCmailサービスのサイト以外のグリーンコープホームページ、会員生協ホームページ、グリーンコープインターネット事業の提携先のホームページを含みます。以下、同じ)を通じて、または関連して営業活動、営利を目的とした利用およびその準備を目的とした行為をしては ならないものとします。
(2)利用登録者は、本サービス、本Webサイトおよび関連するWebサイトを通じて、公序良俗に反する行為、犯罪的行為、またはそれに類する行為、法令、条例等に違反する行為をしてはならないものとします。
(3)利用登録者は、本サービス、本Webサイトおよび関連するWebサイトを通じて、選挙活動、政治的活動、宗教的活動、またはそれに類する行為をしてはならないものとします。
(4)利用登録者は、IDおよびパスワードを第三者に使用させること、および貸与、譲渡、名義変更、売買、質入などいかなる処分もしてはならないものとします。
(5)利用登録者は、本サービス、本Webサイトおよび関連するWebサイトを通じて、他の利用登録者もしくは第三者並びにグリーンコープの名誉を毀損し、または知的財産権、プライバシー等の権利を侵害する行為をしてはならないものとします。
(6)利用登録者は、手段を問わず、本サービスの運営を妨害する行為をしてはならないものとします。
(7)その他、グリーンコープが不適当と判断する行為。


■第9条 著作権等

(1)本サービスの各コンテンツの著作権その他の知的財産権は、グリーンコープ若しくはコンテンツ提供者に帰属し、本サービス全体の著作権等の知的財産権はグリーンコープに帰属するものとします。
(2)利用登録者は、本サービスの利用により得られた情報等をその著作物等の権利者の承諾を得ることなく、利用登録者個人の私的利用以外の目的でこれを複製し、他に送信し、出版し、販売する等の方法により利用することはできません。また、他の利用登録者または第三者をして同様の行為を行わせてはなりません。
(3)第9条1項2項に反して、著作権等の知的財産権に係る紛争が生じた場合、利用登録者は自己の責任において、その問題を解決するものとし、グリーンコープはその一切の責任を負わないものとします。


■第10条 個人情報管理

(1)グリーンコープは、本サービスを通じて収集される利用登録者の個人情報について、プライバシーの保護に最大限の注意を払い、別途定める「個人情報の取り扱いについて」に基づいて、適切に取り扱うものとします。
(2)グリーンコープは、本サービスの提供以外の目的で、利用登録者の個人情報を利用しないものとします。なお、利用登録者に対し、本サービスおよびグリーンコープの利用・運営への協力を求めるため、または、個人情報の利用に関する同意を求めるための電子メールを送付する場合があります。
(3)グリーンコープは、利用登録者の個人情報を、本人の承諾なく第三者に開示、提供しません。但し、以下の場合はこの限りではありません。
・利用登録者からの問い合わせ対応やアフターサービス等の個別サービスを提供するために、グリーンコープが委託した業務委託事業者等が利用する場合
・法令等により開示・提供が求められた場合
(4)グリーンコープ連合・会員生協は、利用登録者の個人情報や属性の集計および分析を行い、個人が識別・特定できないように加工したもの(以下「統計資料」といいます。)を作成し、グリーンコープ連合・会員生協および業務提携先の新規サービスの開発等の業務の遂行のために利用することがあります。また、グリーンコープ連合・会員生協は、統計資料を研究等の目的で公開することがあります。


■第11条 免責事項

(1)グリーンコープは、本サービス上で提供された内容、情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性、最新性等のいかなる責任も負わないものとします。
(2)本サービスの提供、遅延、変更、中断、中止、停止もしくは廃止によって、利用登録者または第三者がうけた不利益、損害に対し、グリーンコープは一切の責任を負わないものとします。
(3)利用登録者が本サービスの利用によって他の利用登録者または第三者に対して損害を与えた場合、利用登録者は自己の責任と費用をもって解決し、グリーンコープに対していかなる補償も請求しないものとします。
(4)利用登録者が本規約に反した行為、または不正、違法な行為によってグリーンコープに損害を与えた場合、グリーンコープは当該利用登録者に対して相応の損害賠償の請求ができるものとします。


■第12条 準拠法及び管轄裁判所

(1)本利用規格の準拠法は、日本法とします。
(2)本サービスにおいて、利用登録者とグリーンコープとの間で問題が生じた場合には、利用登録者とグリーンコープで誠意をもって話し合い、これを解決するものとします。
(3)前項にもかかわらず、協議によって解決しない場合には、福岡地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とするものとします。

以上



GCmailトップページへ